本気(マジ)!みえない形をみてみたい

本気(マジ)がみえる 、本気(マジ)が起動する。

乱留(みだれどめ)演武、、死活の打ちとその軌跡 ____2012年11月29日多摩杖道会にて。
アーティストが、もっとも警戒して憎むものは、自分の作意、半端な創意じゃないかしら。
それは最初から答えがわかっている数式を解くようにも思えるから。常にいい意味で自分を裏切りたい、裏切られたいと思ってるもの。
したがって、これはラ イトアートではない。杖(じょう)の両端にLEDを仕込んで、その一撃で真剣を叩きおる、あるいは、相手の体勢ば
かりでなく心まで崩すといわれる杖道(じょうどう)の軌跡である。
観客としてみたのじゃわからない。相手と対したその本人にしか見えない、捉えれらないこれに、わたしは執着する、異常に惹かれる。
わたしの、こんな一人称をつかまえる試みは2008年ころから始まった。
杖道とアートのフォースとともにあれ May the Force of Art&JodoJojutsu be with you.

本気(HONKI)Art&Jodo,2012:乱留演武(Midaredome-Enbu)

Maybe the most carefulest things for artist is the their intention.
because it’s seem to like solving the numerical formula that you’ve already known the answer.
we always think treachery own, or want to be treacheries own.
therefore,this is not the light art.this is the track of 乱留(Midaredome)setting up LED lights at both ends the 杖(Jo).
My trial for to capture the sense what can feel only me has been about since 2008.
(With the cooperation of TamaJodo Kai/Translation by Mariko NAITO)
2015/12/1 追記 反転して作品にしてみた なかむらLab.プロフィールに使用
000_img771

「本気(マジ)!みえない形をみてみたい」への1件のフィードバック

  1. 中村会長のブログには、杖への新たな工夫や、創意があって、いつも楽しく拝見させて頂いております。

    小生も杖でこんなことしたらどうかと考えることはままありますが、新参者ゆえそれが正しいのかどうか、そもそもそれをお師匠様や先生方に伺って良いものかどうか、それゆえに思いつきだけで終わることがほとんどです。

    それだけに、頭にカメラを着ける、杖にLEDを仕込むなど、なるほどなるほどと感じる次第です。

    今後も記事を楽しみにしております。時節柄、お体ご自愛下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です