カテゴリー別アーカイブ: 早稲田

ひとり+ひとひとカンブリアンゲーム

アーティスト目線をゲットせよ!

1.うさぎあひる、老婆と若い女ー何か見える、何かを見たてるー

2.ひとりの孤独と自由、限界

3.他人(ひと、ひと)コラボレーション

4.メディア遊び

5.カンブリアン・ゲーム2018年早稲田へ!→次週、4月25日 MM1@36号館4F
——————————————+
【共同購入】画材費 ひとり約1500円
サクラクレパス かきかたフェルトペン 中字 黒 70円
SANFORD エボニーペンシル ジェットブラック 172円
上質ロール紙 50円
ポスト・イット ノート30円
アルバム台紙 1枚63円~100円
面・紙製ベース 120円
マジックテープ 500円
ガムテープ 赤白黄色ブルー 52円
スケッチブック クロッキー帳 500円~600円?

【個人準備】
USBメモリ(8GB以上)
使い慣れたハサミ(雑誌切り抜き)
カッター(雑誌切り抜き)
印刷物、紙もの(コラージュ素材)
シッカロール、あるいは、粉白粉(パフ付き)
作品カラーコピー代

【学外活動、課題】予定
7月14日(土曜日)、午前10時過ぎ~午後4時過ぎ@東京武道館(綾瀬)
7月25日(水曜日)正午~14:30すぎ 作品成果展

★ゲスト講師、1名~2名予定(今、旬な人)

 

【コラム】なかむらメディアワークショップ⊆草原ゼミ1期~8期総会

2018年2月25日(日曜)18時~@ALASUKA パレスサイド店

草原ゼミ8期生幹事から次のようなご連絡いただいた。

「毎年2月に早稲田大学デジタル・メディア論ゼミ(草原ゼミ)のゼミ総会を開催しております。今年は、本年度をもって草原先生がご退職されるにあたり、最後の開催となりました。つきましては、草原先生への感謝と慰労の意を込めまして、以下の通りゼミ総会ならびに謝恩会を行います。例年ご参加いただいているゼミ生OBOGに加え、草原先生のご関係者様へお声がけさせていただいております。」

当日、ご本人には、内緒のサプライズということで1期~歴代のゼミ生たちにまじって、わたしたち友人、知人も参加。驚いたことに、わたしが担当したメディアワークショップ早稲田「消費社会とメディア1」のメンバーもかなりの数草原ゼミの強力なメンバーであったということがわかった。思いがけない再会に、歓声あげならがハグ~、記念撮影の嵐~のアルバムを。

 

CGとメディアアートつながり@早稲田

2018年1月31日(水曜日)17:30~

早稲田大学文化構想学部草原真知子さんの最終講義

ディジタル社会とアートの役割:私が見たCGとメディアアートの35年」
36号館382(AV2)教室

 

【読売オンライン】2018.2.13 「ディジタル社会におけるアートの役割-メディアアートの意味するもの」/草原真知子(早稲田大学文学学術院教授)
http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/culture_180213.html

[英語版]
Yomiuri online February 26, 2018
The role of art in the digital society – meaning of media art
Machiko Kusahara
http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/opinion/culture_180226.html

dig

1990年代、わたしのデジタル+ネットを使った「連画-Linked image-」を世界に紹介したのが草原さんだ。フランスやアメリカのアートイベントや関連イベントにご一緒した。国内外、そこで出会う人や物事のなんて刺激的だったことか!草原さんを介して知り合った新旧、懐かしい人々たちと、ことごとく記念撮影の夜!

講義終わって、空を見上げれば、皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」
わぉーん!狼たち、吠える。

dig