ここは、誰が、何を?

なかむらLab.へ、ようこそ!

000_img771

これ、私の近作  「光る杖の軌跡-本気(マジ!)は美しい-」です。

そのときどき、さまざまな肩書きでご紹介いただきます。最近は、メディア・アーティスト。1990年ころからインターネットやディジタル環境を使ってコラボレーションアート「連画」や「カンブリ アン・ゲーム」を発表してきました。そして、2003年以降、杖道(じょうどう)という古武道をこよなく愛し研究・実践しています。武器は、どこにでもあ りそうな棒切れです。これで斬ってくる敵を迎え撃ち征します。その命をやりとりする刹那、闘いの軌跡は、思いがけなく非常に美しい。無駄なく、強く、正し く、美しい。観客としてみてたんじゃわからない。対した相手にしか捉えることができない。見えないかたち。それは、芸術そのものです。

そして、最新作はこちら LEDと身体を使って「シェイク スピアズ ダイアログ2015 in 横浜」より

LEDyama1102_001

鹿児島2013講演会

私の関心はもっぱら「上手くなること」。私は、上手くなることそれ自体をアートにしたい、上手くなる体験を形象化したいと思うのです。

このサイトは、アートプロジェクトに限らず、講義やワークショップ、そしてシンポジウムなどの拠点とします。→最新 News

中村理恵子(なかむら りえこ)

北海道生れ、東京育ち
1981年 武蔵野美術大学造形学部 油絵学科 卒業
1983年-1987年 渋谷美術研究所講師
1989年-1993年 マスターネット(株) パソコン通信上のコンテンツ企画・制作
1991年- コラボレーテッド・アート「連画」システムアーティスト安斎利洋とはじめる
1994年 SIGGRAPH `94(ACM/米)The Edge, Art & DesignShow 2部門に入選
1995年 マルチメディアグランプリ’95ネットワーク部門アート賞(財団法人マルチメディアソフト        振興協会)ほか、受賞
1997年-東京造形大学ほかで、非常勤講師
2002年-「連画」の進化系「カンブリアン・ゲーム」公開(東京大学・安田講堂)
2003年 遺伝的絵画「顔ポイエーシス」制作・公開(ICC/NTT)
2003年-杖道を始める
2005年 「連続カンブリアンゲーム」企画・運営(愛・地球博)
2005年 「マチスましーん」ワークショップ公開(CANVAS・ワークショップコレクション)
2008年 「創発するネットワーク展」(パナソニックセンター)
2008年-「連画チャンネル」(YouTube)オープン
2008年-2012年 東京大学大学院 情報学環 特任非常勤講師 「アートの作り方」
2011年- 「Shake Spears Dialog」 series 制作、公開
2012年-東京都剣道連盟杖道部会理事、多摩杖道会 会長
2013年-2016年 早稲田大学 非常勤講師 「メディア・プラクティス論」、「消費社会とメディア」
2014年-東京経済大学コミュニケーション学部 客員教授 身体表現/メディア制作「ワークショップ中村座」
2015年-コラボレーテッド・アート「連画」サイト、大リニューアル
2015年 「光」をテーマにしたアートイベント『シェイク スピアズ ダイアログ2015 in 横浜』出展
2016年   市民大学講座「古武道とアート 〜上手くなる体験を形にする」@国分寺市+東京経済大学共催

アートプロジェクトの全容 中村理恵子時系列
日日のさまざまな事・ひと・モノ 中村理恵子blog.
資料(旧サイト

(2017年2月現在)