カテゴリー別アーカイブ: 東経大

ワークショップ中村座 2017 作品展 WEBギャラリー

 

dm%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

2018年 1 月 11 日(木)~18日(木)12:00-19:00
ギャラリー連携企画展 国分寺くるみギャラリー634展示室

DMできたよ~「ワークショップ中村座」は、東京経済大学コミュニケーション学部で開講されている実験的なワークショップ型講義です。

わたしの身体、わたしの身の回り、わたしの日日。ふだん意識されない基準点としてのわたしを、わたしをメディアすることによって変えるいくつものワークショップを繰り広げてきました。

美人のいない世界から出発し、情報の断片から超美人を作り直す「美人再構築」。古武道を習得し、身体の動きを絵筆にし、わたしの痕跡を作品化する「シェイクスピアズダイアログ2017」。今回、この二つのワークショップをとりあげ、展示します。

作品をギャラリーに展示すること自体も、わたしを作り変えるプロセス=わたしをメディアする体験の一部です。

◎2018/1/19 大学ニュース

展示構成

会場1
国分寺くるみギャラリー

Shake Spears Dialog 2017-シェイクスピアズダイアログ…あの劇作家のシェイクスピア? さにあらず「Shake(振る)Spears(槍)Dialog(対話)」という意味の造語です。(静止画、動画)

人は道具を持つことで、例えば一本の棒を持つことで、もうひとつの外皮を獲得します。シェイクスピアズダイアログは、LEDを仕込んだ杖を使って拡張された外皮を可視化する試みです。
作品群は、杖道の基本的な形(型)を光る杖によって可視化する「杖×ART」と、杖×ARTの考え方を継承しながら杖道の制約を離れた「フリー演武」の二本柱で成り立っています。

★フリー演武:初公開!VR映像【仮想人類トケコムの天球世界】
※トケコムとは?光る尾をもち暗闇に生きています。華麗な「挨拶」をすることで相手を惹きつけます。古の武道を学び、しかし、オリジナルな身体表現をめざします。

会場2
634展示室

美人再構築「わたしの名前は?」
(静止画、動画、半立体)

再構成美人を〈わたし化〉してみる

仮面劇「わたしの名前は?」紙媒体を材料にした網点作品に、さっそくタイトルをつけてみます。しかし、どこか平凡です。どうも再構成した美人たちが、素性の知れない遠い対象物に見えてしまうのです。そこで、自からが作品を貼りこんだお面をかぶり、再構築された美人になってみます。

ダブルネームをもつ超美人

二人一組になって、自分の作った網点作品の仮面をつけ、お互いにたずねます。 「君の名前は?」(ここでの答えは、最初につけた作品タイトル)

お互いのマスクを交換します。相手が、自分作品の仮面をつけて、質問してきます。「わたしの名前は?」(最初につけた名前は捨てる)

美人に、もうひとつの名前がつけられます。
最初につけた名前とは違う名前を、思わず口ばしります。私の素性があらわれ、肖像が鮮明になってきます。

 

 

会場3
webギャラリー
ワークショップ中村座

 

イベント

記念イベント はじまらないシンポジウム(→スナップ写真へ)

日時:2018年1月16日(火)午後2時~4時ごろ
場所:634展示室
メンバー:大岩直人(東京経済大学教授/広告論、 コミュニケーション戦略論)
安斎利洋(システムアーティスト)
中村理恵子(東京経済大学客員教授/アート、杖道研究・実践)

 

講評会、ギャラリーツアー

日時:2018年1月17日(水)午後1時~4時ごろ
場所:国分寺くるみギャラリー + 634展示室
メンバー:寺口恵子(国分寺くるみギャラリー オーナー)
山内史生(634展示室・武蔵野美術学院 学院長)
中村理恵子研究室 「表現と批評」「メディア制作ワークショップ」メンバー

sdr

 

千客万来
ギャラリー残光 アルバムへ

 

———–+

制作・運営:東京経済大学 コミュニケーション学部 中村理恵子研究室

西田萌 三島強 柴崎叶夢 山本ひな乃 佐志大宙 大島健吾 忽滑谷菜々 一戸麻耶 柳綾乃 大久保真季歩 川原田華 林隼輔 宮下颯人 窪田萌花 黒坂実里 前田京香 池田莉乃 志水裕香 尾﨑滉平 羽生渉 福島愛蘭 佐々木智也 松葉祐哉 大河原里菜 左方真陽 樋口亜実 坂田敦哉 松丸弘史 岡本紗歩 野澤勇希 西脇大智 粟田桃可 広木真優 廣瀬範信 森千央未 岡田純子 杉浦康希 伊賀崎春菜 神保圭祐 山下智幸 石田麻衣 笠井一希 古里美典 石崎真帆 福島大河 米山雄祐 髙塩明衣 三枝涼 森越美由来 大島佳奈 鈴木まみ 浅川晃汰 廣野臣吉 (順不同)

スナップ写真@ はじまらないシンポジウム

「わたしをメディアする」ワークショップ中村座
作品展記念イベント

はじまらないシンポジウム

日時:2018年1月16日(火)午後2時~4時ごろ
場所:634展示室

シンポジウムは控室での雑談に華があります。本番が予定調和の発表会で終わってしまうことも少なくありません。そこで今回は、控室のようなゆるやかな場で、どこまでいっても登壇しない参加者が短い話題をいくつか提供し、ブリコラージュとして人と人、話題と話題をつないでいきます。

大岩直人 東京経済大学教授(広告論、コミュニケーション戦略論)
1961年生まれ。約30年間広告会社にてクリエイティブ制作に携わったのち、2017年からは東京経済大学コミュニケーション学部にて広告論、コミュニケーション戦略論、メディアクリエイティブWS等を担当。教鞭を執る傍ら、各分野のアーティストやテクノロジストとのコラボレーション、キュレーションも行っている。最新刊・共著「おとなのための創造力開発ドリル 「まだないもの」を思いつく24のトレーニング」
https://www.mono-cataly.com/

安斎利洋 システムアーティスト
1956年生まれ。1980年代にCG作家として作品制作、並行してCGシステムの開発を手がける。1990年代「連画プロジェクト」を中村理恵子と開始。プラネタリウム描画環境「マジック・ケプラー」などメディアアート作品を制作。2000年代「カンブリアンゲーム」「触覚的自我」など創発的ワークショップのデザイン。システム論とアートの境界領域をめざしている。
http://renga.com/toshihiroanzai/

中村理恵子 アーティスト/杖道研究・実践 東京経済大学 客員教授
北海道生れ、東京育ち。ムサビ油絵学科卒、一本の鉛筆から身体全部を絵筆に創作をしている。
http://rieko.jp/lab/?page_id=21