カテゴリー別アーカイブ: 身体表現

ワークショップ中村座 2017 作品展 WEBギャラリー

 

dm%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

2018年 1 月 11 日(木)~18日(木)12:00-19:00
ギャラリー連携企画展 国分寺くるみギャラリー634展示室

DMできたよ~「ワークショップ中村座」は、東京経済大学コミュニケーション学部で開講されている実験的なワークショップ型講義です。

わたしの身体、わたしの身の回り、わたしの日日。ふだん意識されない基準点としてのわたしを、わたしをメディアすることによって変えるいくつものワークショップを繰り広げてきました。

美人のいない世界から出発し、情報の断片から超美人を作り直す「美人再構築」。古武道を習得し、身体の動きを絵筆にし、わたしの痕跡を作品化する「シェイクスピアズダイアログ2017」。今回、この二つのワークショップをとりあげ、展示します。

作品をギャラリーに展示すること自体も、わたしを作り変えるプロセス=わたしをメディアする体験の一部です。

◎2018/1/19 大学ニュース

展示構成

会場1
国分寺くるみギャラリー

Shake Spears Dialog 2017-シェイクスピアズダイアログ…あの劇作家のシェイクスピア? さにあらず「Shake(振る)Spears(槍)Dialog(対話)」という意味の造語です。(静止画、動画)

人は道具を持つことで、例えば一本の棒を持つことで、もうひとつの外皮を獲得します。シェイクスピアズダイアログは、LEDを仕込んだ杖を使って拡張された外皮を可視化する試みです。
作品群は、杖道の基本的な形(型)を光る杖によって可視化する「杖×ART」と、杖×ARTの考え方を継承しながら杖道の制約を離れた「フリー演武」の二本柱で成り立っています。

★フリー演武:初公開!VR映像【仮想人類トケコムの天球世界】
※トケコムとは?光る尾をもち暗闇に生きています。華麗な「挨拶」をすることで相手を惹きつけます。古の武道を学び、しかし、オリジナルな身体表現をめざします。

会場2
634展示室

美人再構築「わたしの名前は?」
(静止画、動画、半立体)

再構成美人を〈わたし化〉してみる

仮面劇「わたしの名前は?」紙媒体を材料にした網点作品に、さっそくタイトルをつけてみます。しかし、どこか平凡です。どうも再構成した美人たちが、素性の知れない遠い対象物に見えてしまうのです。そこで、自からが作品を貼りこんだお面をかぶり、再構築された美人になってみます。

ダブルネームをもつ超美人

二人一組になって、自分の作った網点作品の仮面をつけ、お互いにたずねます。 「君の名前は?」(ここでの答えは、最初につけた作品タイトル)

お互いのマスクを交換します。相手が、自分作品の仮面をつけて、質問してきます。「わたしの名前は?」(最初につけた名前は捨てる)

美人に、もうひとつの名前がつけられます。
最初につけた名前とは違う名前を、思わず口ばしります。私の素性があらわれ、肖像が鮮明になってきます。

 

 

会場3
webギャラリー
ワークショップ中村座

 

イベント

記念イベント はじまらないシンポジウム(→スナップ写真へ)

日時:2018年1月16日(火)午後2時~4時ごろ
場所:634展示室
メンバー:大岩直人(東京経済大学教授/広告論、 コミュニケーション戦略論)
安斎利洋(システムアーティスト)
中村理恵子(東京経済大学客員教授/アート、杖道研究・実践)

 

講評会、ギャラリーツアー

日時:2018年1月17日(水)午後1時~4時ごろ
場所:国分寺くるみギャラリー + 634展示室
メンバー:寺口恵子(国分寺くるみギャラリー オーナー)
山内史生(634展示室・武蔵野美術学院 学院長)
中村理恵子研究室 「表現と批評」「メディア制作ワークショップ」メンバー

 

◎講評会での、講師からの設問

1.デジタルやインターネットのある今、限られたスペースでの展覧会、イベントに意義はあるのか? スマホやパソコンから、いつもで、みられて、スペースの制限、展示点数の制限を考慮の必要もないし。

2.もし、自分で、このホワイトキューブを自由に使えたら、どんな企画、展覧会をするか?

(———-!リアクションペーパー、スキャニング中)

sdr

 

千客万来
ギャラリー残光 アルバムへ

 

———–+

制作・運営:東京経済大学 コミュニケーション学部 中村理恵子研究室

西田萌 三島強 柴崎叶夢 山本ひな乃 佐志大宙 大島健吾 忽滑谷菜々 一戸麻耶 柳綾乃 大久保真季歩 川原田華 林隼輔 宮下颯人 窪田萌花 黒坂実里 前田京香 池田莉乃 志水裕香 尾﨑滉平 羽生渉 福島愛蘭 佐々木智也 松葉祐哉 大河原里菜 左方真陽 樋口亜実 坂田敦哉 松丸弘史 岡本紗歩 野澤勇希 西脇大智 粟田桃可 広木真優 廣瀬範信 森千央未 岡田純子 杉浦康希 伊賀崎春菜 神保圭祐 山下智幸 石田麻衣 笠井一希 古里美典 石崎真帆 福島大河 米山雄祐 髙塩明衣 三枝涼 森越美由来 大島佳奈 鈴木まみ 浅川晃汰 廣野臣吉 (順不同)

企画展をするということ、ギャラリーというコミュニケーションの場

 

2017/10/18 (水曜)3限&4限

年明け早々、「ワークショップ中村座・作品展」(仮称)にむけての、特別講義と全体ミーティング!!!

ワークショップ型講義の、ここがゴールです!

身体表現ワークショップ(4月~7月 毎週水曜の3限&4限)
メディア制作ワークショップ(通年 毎週木曜の2限)
表現と批評(9月~2018年1月 毎週水曜の3限&4限)
履修メンバー全員参加の、初ミーティング、顔合わせです。

二人のギャラリストたちが、マジ!、参画します。

ゲスト講師
634展示室東京武蔵野美術学院 学院長 山内史生さん
国分寺くるみギャラリーオーナー 寺口恵子さん

ざっくり、概要は以下

日時:2018年1月11日(木)~1月18日(木)12時~19時
(※最終日16時終了)
場所:634展示室+くるみギャラリー

搬入:1月10日(水)午後1時~16:10+α
搬出:1月18日(木)16時~18時

イベント1)
1月17日(水)午後、関係者パーティ

イベント2)
期間中、日程調整中→記念シンポジウム、ギャラリーツアー


ゲストへ、素朴な疑問、質問

お二人は、創り手の発表の場を運営するばかりではなくて、ご自身も創作活動されてます。そして、「ぶんぶんうぉ~く」など、国分寺という地域に根ざした活動にも積極的に関わられてます。そんなお二人との対話が和やかにつづきます。メンバーからは、素朴な疑問、質問がつづきます。

・ギャラリーにどのような作品を展示するのか?
・何を一番大切にしてるのか?
・作品は、一番高いものでいくら?安いものはいくら?
・人(お客さん)からの評価はどう得るのか?
・魅力を最大に伝えるコツは?
・いろいろな展示会に行って勉強するのか?
・作品展示にどのくらいの時間がかかるのか?
・展示する建物にもこだわりはあるのか?
・1つの企画にどのくらいの人が来るのか?
・ギャラリーって誰でも借りれるの?手数料は?
・展示するものをどうやって決めてるの?
・芸術の才能を身につけるためには?
・ギャラリストもメディアなのかな?
・展示の依頼を受けて断ることはあるのか?
・ギャラリーは閉鎖的なイメージがある、もっと開放的にできない?
・モットーはありますか?
・ギャラリーで展示した作品は、その後どこへいくのか?
・ギャラリーを営むことで、自身の創作活動にどのような影響があるか?
・誰が払うのか?ギャラリー運営側?作品を出す方?
・なんでギャラリーをやろうと思ったのか?
・ダイレクトメールは誰に送るのか?
・オーナーと展示する人の距離感は?
・理想のギャラリーって?学生も利用できますか?
・全体に一貫したコンセプトがあるのか?
・ギャラリー展示を決めてからの準備期間は?
・ターゲットを絞っていますか?
・なぜ美術に興味をもったのですか?
・内装は、展示によって変えたりするのか?
・レイアウトのコツは?
・ムサビ卒の寺口さん、中村先生との学生時代のエピソードは?
・どのくらいのスパンでやるのか?
・作家さんともめたりすることは、あるのか?
・ギャラリストの人数、年齢層、男女比?
・アートの楽しみ方とは何ですか?
・作家として誰にもみせたくない特別な作品がありますか?
・展示依頼って月にどのくらいきますか?
・どうして国分寺にギャラリーを?
・インスタ映えを意識しますか?
・実際、ギャラリーって儲かりますか?

質疑応答で時間いっぱいいっぱい。最後に、こちらから、メンバーへの質問「ギャラリーへもっと多くの人々が足運ぶためには?」
リアクションペーパーに記してもらって、この日は、お開きです。

次回ミーティングは、11月下旬。作品が具体的に上がってきてから。
こうご期待!

 

【参考資料】

1)2016年度の成果発表
地元2地点ギャラリー連携企画展「わたしをメディアする」
http://rieko.jp/lab/?p=11830

2) tkuニュース 2015年~学生記者さん取材

[2017.01.19]
東京経済大学の「地元」国分寺の2つのギャラリーと連携 作品展「わたしをメディアする」
http://www.tku.ac.jp/news/018674.html

[2016.01.08]
東経大の地元・国分寺のギャラリーで作品展開催~コミュニケーション学部「メディア制作ワークショップ」・「表現と批評」
http://www.tku.ac.jp/news/017064.html

[2015.01.14]
コミュニケーション学部「メディア制作ワークショップ」作品展~わたしの時間を造形する
http://www.tku.ac.jp/news/014790.html

以上