カテゴリー別アーカイブ: メディア制作

「みんなの痕跡」、名前と「わたし」

東経大・メディア制作ワークショップ(通年 毎週木曜の2限)

「みんなの痕跡」、名前と「わたし」

進行中の、「カンブリアンゲーム」東経大記念セッションとの共鳴、あるいは新たな地平へ

川浦康至(カワウラヤスユキ)

東京経済大学名誉教授。1951年長野市生まれ。2005年から2017年まで東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は社会心理学とコミュニケーション論。目下の研究テーマは名前。痕跡や矢印にも関心がある。
2017年、写真「はい、わかりました」で、水戸路上観察学会「一木賞」を受く(水戸芸術館)。

6月1日(木)

・痕跡論文を読んでくる
http://www.tku.ac.jp/kiyou/contents/communication/31/Kawaura.pdf
そのうえで痕跡を採集してくる。現物、写真を問わない。

7月20日(木)
・名前論文を読んでくる
http://repository.tku.ac.jp/dspace/handle/11150/10935
・表札の写真を撮ってくる(怪しまれないように、ね。自分の家の表札、知り合いの家の表札とか)。

こっちも、、みといて→2014年7月号 宣伝会議「研究室訪問」
ネット時代の「名前」とコミュニケーション
「カンブリアン・ゲーム」

東経大記念セッション「カンブリアン・ゲーム」

東経大・身体表現ワークショップ(4月~7月 毎週水曜の3限&4限)
メディア制作ワークショップ(通年 毎週木曜の2限)
2017年4月26日導入、5月11日創作の樹、発芽予定

「カンブリアン・ゲーム2017・東経大セッション-アーティスト目線をゲットせよ-」スタートします!(メンバー限定、非公開ですすめます、時々プロセスをアップ予定です)

この授業では、ネット上の協創空間を共有しながら、スマホやデジタルカメラを使って、日常の中から、人、事、モノとの関わりを丁寧に掬いとるような体験を、作品化します。

今年の種絵

operahaus (石塚徹)「蓮の花托のふりをしたトロル」
ニューイヤーカンブリアンゲーム2017の種

 

「カンブリアン・ゲーム」は、ひとりひとりのアイデアがほかの人のアイデアを巻き込みながら変化し、ひとりではとうてい思いつかないような多様なアイデアを生み出していくゲームです。

講師:安斎利洋(システムアーティスト)中村理恵子(アーティスト、杖道研究実践)

1990年代初めから展開しているコラボレーティブなネット・アートの一つ、イメージの連想セッションです。

 

 


コーパス

東大・カンブリアン講義より
https://sites.google.com/site/metaart2010/cambriangame2010-11

「カンブリアンゲーム東経大2015」あっぱれな流れを報告 12人のカンブリアンたちによる
http://rieko.jp/lab/?p=7717

 


導入からテスト投稿

(photo by zhu jialin)

 

 


2014 年度~、毎年の記念セッションページへ