タグ別アーカイブ: カンブリアン・ゲーム

コラボレーションを体感する「ひとりとひとひとカンブリアン・ゲーム」

2014年9月30日@早稲田

ひとりカンブリアン、一人称のカンブリアン

 A4の紙にひとりで向き合います。黙々とやってください。よそ見しない。およそ切手大の大きさに、「W」をまずかきます。そこからイメージを膨らませて、→でつぎつぎに思い浮かぶことを、かきこんでいきます。飽きたら終わり。紙が足りなくなったひとは、もう一枚どうぞ。(約20分くらい)
消費社会とメディア20142014_056  消費社会とメディア20142014_054 消費社会とメディア20142014_053  消費社会とメディア20142014_051  消費社会とメディア20142014_049  消費社会とメディア20142014_047 消費社会とメディア20142014_046  消費社会とメディア20142014_044  消費社会とメディア20142014_042 消費社会とメディア20142014_041 消費社会とメディア20142014_040  消費社会とメディア20142014_038  消費社会とメディア20142014_036  消費社会とメディア20142014_034  消費社会とメディア20142014_032 消費社会とメディア20142014_031 消費社会とメディア20142014_030 消費社会とメディア20142014_029 消費社会とメディア20142014_028  消費社会とメディア20142014_026  消費社会とメディア20142014_024  消費社会とメディア20142014_022 消費社会とメディア20142014_021  消費社会とメディア20142014_019  消費社会とメディア20142014_017  消費社会とメディア20142014_015 消費社会とメディア20142014_014  消費社会とメディア20142014_012 消費社会とメディア20142014_011  消費社会とメディア20142014_009 消費社会とメディア20142014_008 消費社会とメディア20142014_007 消費社会とメディア20142014_006  消費社会とメディア20142014_004 消費社会とメディア20142014_003 消費社会とメディア20142014_002  消費社会とメディア20142014_001

宴会!アナログカンブリアン(8グループ、32名による)

 1グループ4~5人ではじめます。わいわい賑やかに。あたかも宴会のごとく。ただしアルコール抜きですw。手のひらにすっぽり収まる紙に、描きかたペンでイメージを連ねていきます。(約30分)

手もとデータ1 手もとデータ3 手もと2

宴会カンブリアン1

アナログ8 アナログ7 アナログ6 アナログ5 アナログ4 アナログ3 アナログ2

アナログ1

ひとりのとき、他人(ひと)と囲んだとき、どんな違いと感じましたか?・・・コメント収集中。
waseda2014b

—end

10月7日~11月18日
アナログからディジタルへ 自分の目線、意識、観念をずらす 新たな創造、鑑賞の仕組み;描き描かれ、観る見られ

1) 「21世紀のメディア論」第10回、視聴

2)これ何に見える遊び

3)カンブリアンゲーム@早稲田2014 メンバーページへ

 

4)カンブリアン詩学 渾身の投稿、あっぱれな流れ報告、講評会(コメント欄参照)→新たな詩学用ブラウザ開発!近日公開予定!

早稲田カンブリアン2014種画面

4)10月14日(火)、21日(火)の5限の時間帯でコンピュータールームへ!
教室は36-482です。

 

カンブリアン・ゲーム@東経大セッション2014

5月22日より、東京経済大学において、初セッションを仕掛けました!  創造の樹が育っています。

カンブリアン・ゲームは、ひとりひとりのアイデアがほかの人のアイデアを巻き込みながら変化し、ひとりではとうてい思いつかないような多様なアイデアを生み出していくゲームです。まずはじめ、”カンブリアン眼”をいかに獲得していくか?という話から始めます。

katanarashi


◎投稿中!・・・カンブリアン・ゲームのマップをみる

1)ワークショップの流れ:ゲスト講師:安斎利洋さんの話へ&みんなの感想へ
カンブリアン眼とは?
 さまざまな社会的約束、常識などを心得た今のわたしを、いったん初期化する試み。思い出してください。世の中のものがすべて新鮮に見えたあの時代、3歳児くらいの目線や気持ちを・・・・・(—!中略部分編集中)。そして、みんなアーティストになっていただきます!

2)カンブリアン・ゲームとは? → 詳細情報、さまざまなカンブリアン・ゲームへ

3)カンブリアン・ゲームの興り@東大安田講堂2002(Movie)

 

Facebookでも情報公開中


セッション中!

このセッションは、双子で始まります。

セッションA:メディア制作

種植えました0522 →→→ 5月29日

メディア表現のためのカンブリアンゲーム  →→→  shalemap-140529media 

                               ↓6月5日現在 芽生えてます

shalemap-a-140605

セッションB:身体表現

種植えました0522

身体表現のためのカンブリアンゲーム

↓5月29日現在 かなり萌えてます

shalemap-140529karada

メンバー限定のために、その時々、マップの発育状態を静止画でおとどけします。 期間中、いかに日常的な、一見ダサい物事を、アートに昇華していくのか。 ”カンブリアン眼”と呼ばれるずらしのテクニックを会得しながら、メンバーが新たなカンブリアンアーティストへの道を歩みます。

anzaisan

ゲスト講師は、カンブリアン・ゲームの流祖 安斎利洋さん(システムアーティスト)です。 今回は、セッションと並行して、この春開発した「カンブリアン詩学」へと、みんなを誘います。

ワークショップはじまり     (クリックすると画像拡大します)

安斎さん講義はじめ1 安斎さん講義はじめ2 安斎さん講義はじめ3

講師と受講生の対話がはじまります

プロジェクションされた絵「なんにみえます?」
「鳥の巣?」、「落描き?」、、、答えは、「3歳児の描いた、コップの中の水です。」

受講生との対話1 受講生たち2 受講生たち1

寝相だって文化や習慣のなかでさまざまなんです

みんなどうやって寝てるの?
寝相実験2 寝相実験1

では、いよいよカンブリアンの樹に、画像投稿してみよう!
投稿作品寸評1 投稿作品寸評2 講師ウェアラブル装着2

講師目線で(ウエァラブルカメラを装着して)
講師ウェアラブル装着1 講師ウェアラブル手元1 講師ウェアラブル手元2

—!作品が一斉に投稿される様子:うにょmovie編集中

みんなの感想、そしてアーティストへの道は、つづく・・・・
20140528カンブリアン感想3

Fcaebook にて情報発信中