タグ別アーカイブ: 触覚

目を閉じて描く絵

tku2015c-05d-1024x513img

【触覚的自我*ワークショップ 】

_もしも人間にはじめから視覚がなかったら、わたしたちはどんな「自己」を思い描き、そしてどんな絵を描いただろう。自己と、それをとりまく環境の境界は、目で見る輪郭のとおりだろうか。視覚を閉ざして、もういちど「自我」の境界をたどりなおし、触覚的自我の「絵」を触覚をたよりに描いてみる。

どくどくしている感じるところ。どくどくしてる。わたし、気配、反応する開始40分後に騒がしくなった誰か_______わたしの軽いところ重いところ座っている自分_わたしの凸凹鼻、 鼻の下のくぼみ、上唇、下唇、口の下からアゴのライン

 

「ワークショップ中村座」第二弾!が始まりました。
必須アイテムは、アイマスク、スティック糊、使いなれたハサミ、そして紙。
ゲスト講師の安斎利洋さん

anzai1

   tactile2

[*] 触覚的自我(メディアアート紀行) (14) Tactile Ego(Journey into Media Arts)
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア 65(5), 673-677, 2011-05-01
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009669140

 

作品ページA

  15作品全容と作者による解題
__ http://renga.com/anzai/lab/tku2015a/

身体表現15名  4限&5限 180分

作品ページB

  12作品全容と作者による解題
__ http://renga.com/anza/lab/tku2015b/

メディア制作12名 2日間に分けたワークショップ
前半:ディベートルームにて「口の中を作る」90分
後半:スタジオにて床にベタ座りして「自画像を作る」90分

(制作中のMovie編集中)

 

tku2015a-08atku2015a-08k


今回、閉ざした視線の代わりにウェアラブルカメラを装着して、制作のプロセスを追います。

kasai1 kasai4

制作中・・・・・

atsumi2 takano1 maruyama4 magaki1 iwai4 idei2 hirono1 atsumi1 ishizaka1 tomita1