タグ別アーカイブ: アート

杖×ART ―光る杖の軌跡―

 杖道は、芸術そのものです。形(型)という情報をもった芸術です。

 10光る杖試作 400年伝承されてきた古への形武道、杖道は、どこにでもありそうな一本の棒切れを使います。その一撃で真剣さえ叩き折る、あるいは相手の体勢ばかりでなく心まで崩すと云われます。その軌跡は、とても美しい。杖道は、すでに芸術そのものです。形(型)という情報をもった芸術です。
しかしこれ、観客として見たのじゃわからないのです。相手と対したその本人が、正確に杖(じょう)の操ることではじめて見えてくる世界です。
そこで、杖の両端にLEDを仕込んで、杖道の美しさの一端を可視化してみました。すると生身の身体から棒一本で拡張された空間が、起動します。変化する攻防の殻を持った生命体が見えてきます。

これは武道による美術か?、あるいは美術の発想で臨む武道か?
たぶん、そのどちらでもありません。私の関心はもっぱら「上手くなること」。一歩一歩稽古の積み重ねの中に見えてくる、上手くなる体験を記憶にとどめたい。体験を形象化したい。それは私 にとってアートとまったくイコールなのです。
2003年のある日、映画「スター・ウォーズ」に出てくる最長老ヨーダに似た杖道の先生方 から、ひょいと手渡された白樫の杖を握った瞬間、とても気持ちよかったことをいまでも鮮明に覚えています。
私は、これにすっかり心を奪われました。猛烈に上手くなりたい!と思うようになりました。



 


杖道は、命をかけた対話、身体を使った対話である。

あの宮本武蔵に勝利したと伝えられる夢想権之助(むそうごんのすけ)が創始した杖道は、優れた師範たちの身体をメディア(=媒体)にし て、無駄のない、命をやりとりする形情報を現代まで伝えています。
杖道形は、今に生きる人が再現するためのアルゴリズムのようなものです。これを繰り返し稽古して身体に馴染ませていきます。

公開イメージ

技残像.mp4_snapshot_01.51_[2014.06.20_16.08.25] 技残像.mp4_snapshot_01.52_[2014.06.20_16.10.38] 技残像.mp4_snapshot_01.57_[2014.06.20_16.11.27] 技残像.mp4_snapshot_01.59_[2014.06.20_16.12.55] 技残像.mp4_snapshot_02.01_[2014.06.20_16.13.13] 技残像.mp4_snapshot_02.03_[2014.06.20_16.13.31] 技残像.mp4_snapshot_02.05_[2014.06.20_16.13.59] 技残像.mp4_snapshot_02.13_[2014.06.20_16.15.15] 技残像.mp4_snapshot_02.20_[2014.06.20_16.16.22] 技残像.mp4_snapshot_02.22_[2014.06.20_16.16.56] 技残像.mp4_snapshot_02.23_[2014.06.20_16.17.08]


杖道プラクティス@東経大

 

杖道入門!2015詳細 020ステージで模範演武3-768x1024

 

杖道入門!2014詳細

jodo2015tku00

基本である「本手打ち」や「逆手打ち」から始めます。真っ向から相手をとらえて、本気がこもった空間の緊張を直に体感することは、非常に貴重 です。 こうして得た体感をもとにして、新たな表現へ、受講生とともに向かいます。
ウェアラブルカメラやLEDを仕込んだ光る杖などを使った、古への武道と最新の技術が相乗する、まさに、現在進行中のアートプロジェクトです。

(授業計画:シラバス参照)

ニューイヤーカンブリアン2014&カンブリアン詩学

年明けから75日 間、世間をくまなくきょろきょろしまくったおかげで、ゲーム終了しても「をっ!」「ひょええ!」と足元の小石や側溝の水の流れにさえアーティスティックな 輝きを見えてしまい、引き寄せられてしまう感覚が癒えません。称して” カンブリアン眼(まなこ) ”これが、起動してしまう。 そして、作品投稿と対を成す 「カンブリアン詩学」に、この病いを引き継ぎます。新たなツールを仕立てて、新たなセッションが始まっています。

最新!「カンブリアン・ゲーム」
2014年1月1日~2014年3月17日
75日のセッションを経て、1003葉の大樹となりました。
http://cambrian.jp/newyear2014/

shalemap-a-140317

さらに、「カンブリアン詩学」が始まっています。
カンブリアンの樹からすぐれたリーフの連結を発見し、俳句のように独立した表現形式としてスタイルを確立し、そこに立ちあがる詩を鑑賞する試みです!。

詳細は、こちらへ
http://cambrian.jp/poetics/
いきなり、現場へ
https://www.facebook.com/groups/292539754232629/

newyear2014-956-1001-1005-1006