タグ別アーカイブ: 杖道

「杖道×アート」VS.「動体×動体WS」ふたつの流れ

2014年夏、残暑お見舞い申し上げます。
粛々と夏休みの宿題やってますw。

「杖道とアート―作動する賢い身体―」では、毎回、杖道(じょうどう)を稽古しながら、そこから得られたいくつかのエッセンス、 対話性、型(形、パターン)これらを頭の片隅において、杖をカメラに持ち替え(ウェアラブルカメラや一眼レフ、流行りのタイプラプスカメラなどな ど)、撮ることと撮られることの斬りむすぶ運動を写し込むワークショップに向かいました。洗練された身体の動きを体感しながら、古武道とアートをつ なぐ方法を模索していきます。

動体img1
ともあれ、メンバーは、ステージ上で思い思いに体を動かしてみます。東京経済大学のスタジオやメディア工房には、豊かな環境や機材が揃っています。これらのリソースを存分に使い倒しながらね!いっぽう、わたしは、愚直に「杖道×アート」まっしぐらです。
このふたつの流れは、いづれ必然的に出会い、混ざり合います。9月18日(木)開講の表現と批評「マジが起動するワークショップデザイン」(2014年Ⅱ期)に引き継がれていきくはずです。どうぞご期待ください!

【光る杖の軌跡「杖道×アート2014」】

まず、尖兵となる試みとして、中村による杖道に特化した作品制作です。
杖の上下にLEDを仕込んで絵筆とした直球の「光る杖の軌跡」です。
詳細ページ http://rieko.jp/lab/?p=3389

光る杖の軌跡「杖道×アート2014」最新作(動画)

【プレ光る杖の軌跡「動体×動体ワークショップ2014」】

2014年、前期「身体表現ワークショップ」の締めは、動体×動体ワークショップのリハーサルと本番です。履修メンバー個々人のテーマさがし、動きの模索が進行しました。熱い興味とともに手も身体もよく動きました。そこから四つの動画作品とたくさんの静止画作品が生まれました。詳細ページ http://rieko.jp/lab/?p=3269

 

動きを遊ぶ 

リハーサル風景をスローモーション、タイムラムスで記録

本番!作品

 

 

【カメラを遊ぶ、動きを遊ぶ WEBギャラリー】(静止画)

詳細ページ http://rieko.jp/lab/?p=4776

5
光と動きで対話した作品群

※次回予告です。毎週木曜日の3限、メディア制作ワークショップでは、課題「わたしの時間造形」についてこちらも手八丁、口八丁の受講メンバーによるワークショップが進行中です。
水面下(メンバー限定エリア)に成果があふれてきました。前期を踏まえて後期への助走などとしてを公開予定です。

杖×ART ―光る杖の軌跡―

 杖道は、芸術そのものです。形(型)という情報をもった芸術です。

 10光る杖試作 400年伝承されてきた古への形武道、杖道は、どこにでもありそうな一本の棒切れを使います。その一撃で真剣さえ叩き折る、あるいは相手の体勢ばかりでなく心まで崩すと云われます。その軌跡は、とても美しい。杖道は、すでに芸術そのものです。形(型)という情報をもった芸術です。
しかしこれ、観客として見たのじゃわからないのです。相手と対したその本人が、正確に杖(じょう)の操ることではじめて見えてくる世界です。
そこで、杖の両端にLEDを仕込んで、杖道の美しさの一端を可視化してみました。すると生身の身体から棒一本で拡張された空間が、起動します。変化する攻防の殻を持った生命体が見えてきます。

これは武道による美術か?、あるいは美術の発想で臨む武道か?
たぶん、そのどちらでもありません。私の関心はもっぱら「上手くなること」。一歩一歩稽古の積み重ねの中に見えてくる、上手くなる体験を記憶にとどめたい。体験を形象化したい。それは私 にとってアートとまったくイコールなのです。
2003年のある日、映画「スター・ウォーズ」に出てくる最長老ヨーダに似た杖道の先生方 から、ひょいと手渡された白樫の杖を握った瞬間、とても気持ちよかったことをいまでも鮮明に覚えています。
私は、これにすっかり心を奪われました。猛烈に上手くなりたい!と思うようになりました。



 


杖道は、命をかけた対話、身体を使った対話である。

あの宮本武蔵に勝利したと伝えられる夢想権之助(むそうごんのすけ)が創始した杖道は、優れた師範たちの身体をメディア(=媒体)にし て、無駄のない、命をやりとりする形情報を現代まで伝えています。
杖道形は、今に生きる人が再現するためのアルゴリズムのようなものです。これを繰り返し稽古して身体に馴染ませていきます。

公開イメージ

技残像.mp4_snapshot_01.51_[2014.06.20_16.08.25] 技残像.mp4_snapshot_01.52_[2014.06.20_16.10.38] 技残像.mp4_snapshot_01.57_[2014.06.20_16.11.27] 技残像.mp4_snapshot_01.59_[2014.06.20_16.12.55] 技残像.mp4_snapshot_02.01_[2014.06.20_16.13.13] 技残像.mp4_snapshot_02.03_[2014.06.20_16.13.31] 技残像.mp4_snapshot_02.05_[2014.06.20_16.13.59] 技残像.mp4_snapshot_02.13_[2014.06.20_16.15.15] 技残像.mp4_snapshot_02.20_[2014.06.20_16.16.22] 技残像.mp4_snapshot_02.22_[2014.06.20_16.16.56] 技残像.mp4_snapshot_02.23_[2014.06.20_16.17.08]


杖道プラクティス@東経大

 

杖道入門!2015詳細 020ステージで模範演武3-768x1024

 

杖道入門!2014詳細

jodo2015tku00

基本である「本手打ち」や「逆手打ち」から始めます。真っ向から相手をとらえて、本気がこもった空間の緊張を直に体感することは、非常に貴重 です。 こうして得た体感をもとにして、新たな表現へ、受講生とともに向かいます。
ウェアラブルカメラやLEDを仕込んだ光る杖などを使った、古への武道と最新の技術が相乗する、まさに、現在進行中のアートプロジェクトです。

(授業計画:シラバス参照)

「動体×動体ワークショップ」2014

 いざ、本番!彼ら独自のストリーが宿った作品映像になりました。

「杖道とアート-作動する賢い身体-」コミュニケーション学部・身体表現ワークショップ(2014年Ⅰ期)

wizarding チームウィザーディング:本間大基、長田耕平、張夢

music チームコミ女:岩井美貴、岩木美奈、市川菜々子

baseball チームベーススボール:籬(まがき)聡、木島大幾

2014SpaceOdyssey チーム2014宇宙の旅:城田夏響、萩原 誠、野口美沙


このワークショップは、「光る杖の軌跡ワークショップ」の前段階として実施しました。

IMG_9171 光る軌跡実験テストs

エッシャー描く手
授業では毎回、杖道(じょうどう)を稽古します。そこから得られたいくつかのエッセンス、 対話性、、型(形、パターン)、これらを頭の片隅において、杖をカメラに持ち替え、動く動かれる、見る見られる、撮ることと撮られることの斬りむすぶ運動を写し込むワークショップへ向かいます。
まさに、このエッシャーの「描く手」という状態ですね!。

◎流れ

カメラを遊ぶ、動きを遊ぶ 」ギャラリー
「動体×動体ワークショップ」の、数週間におよぶ肩ならし的ワークショップから生まれた作品群です。
光源を持った人はもちろん動く。カメラを持った人もそれを構えて撮影するのではなくて、動く。静止しない被写体を固定しないカメラが追うと、いったいどうなる?!

●動体×動体ワークショップ  動画作品
双方が動く状況を、動画におさめました。リハーサル、そして本番!

並走する「杖道×アート」最新作品
いっぽう、わたしは、愚直に「杖道×アート」への道をひた走ります。杖の両端にLEDを仕込んで、洗練された杖跡と身体の動きを夢想しながら一歩一歩・・・・。

◎資料 関連するワークショップやアート

連画 観ることは描くこと
イメージをぶつけあう闘い、熾烈な対話の中から作品群が生まれる。

動体×動体ワークショップ@東京大学・カンブリアン講義2011

「天球連画 Magic Kepler」1998/8 /27
東京渋谷の五島プラネタリウム(現在、ヒカリエ)において、ライブペインティングが繰り広げられた。天球連画は、このイベントのために用意されたドーム型キャンバスでの連画で、 星座の再構築を目論んだ。

 

 

リハーサル

誰かと出会ったら動きを付ける。カメラを持ってる人間も動く。メンバーは、ステージ上で思い思いに体を動かしてみます。さまざまなカメラの機能や操作を遊びながら、まずはこの環境に馴染んでいきます。身体の動きを体感しながら、古武道とアートをつなぐ方法?は、・・・・二の次ですね。

 

◎メンバーたち

0717all1s0717all2s

0717all3s

 

◎今後の予定

「杖道×アート2014」と「動体×動体ワークショップ」は、必然的に出会い、混ざり合い、9月17日(木)開講の「マジが起動するワークショップデザイン」表現と批評(2014年Ⅱ期)に引き継がれていきます。どうぞご期待ください!

 

——-end