多摩杖道会総会 平成30年度

2019年4月17日、夕刻より地元稽古会の総会です~
杖道人としては、まだまだぴよぴよの私たちだけど、社会的に長い経験とさまざまな業界で働いてきたメンバーの、会、運営への目線には、確かなものがある。
知合いのIT関係の元編集長曰く「いなくても大丈夫というのが良い編集長の姿」。
この言葉を借りると、わたしの席は空っぽでも大丈夫。
気楽な会長をさせていただいている。
そんな幸せかみしめ、ますます、しかし、杖道、精進します!

総会2019(平成30年度)

祝!~多摩杖道会15周年

2018/09/30 多摩市立武道館にて

__平成15年(2003年)3月、希少な古武道の流れをくむ形武道「杖道」を修める場として、多摩市近隣の市民のための稽古場として発足しました。本年、平成30年、創立15周年記念の演武大会を開催できますことに深い感動と喜びがこみ上げてきます。現在11歳から86歳までの老若男女が集う和気あいあいの稽古会になりました。これもご指導いただいた山口満先生はじめ諸先輩がた、会員のみなさまのおかがです。あらためて敬意と感謝を表します。
かつて命をやりとりする戦技の形であったシンプルな杖の軌跡が、400年の時の流れの中で、身体的な賢さと知性を育む修練の形に研き澄まされてきました。人生100年を見据えるいま、優しくしなやかな白樫の杖の感触と、鋼のような熱い志とともに、この道をご一緒しましょう!

______________________________________多摩杖道会 会長 中村理恵子

______________________________________(当日配布のパンフレットより)

https://tamajodo.com/

Tama JodoKai
https://tamajodo.com/en/
★All Japan Kendo Federation(AJKF) Jodo
Shinto-Muso Ryu Jodo, Uchida-ryū tanjōjutsu, Kasumi Shintō-ryū kenjutsu, Isshin-ryū kusarigamajutsu, and etc.

15周年記念手ぬぐい

「鐡志」(てっし)刻字 山口 満師範

鐡志玉情(金田一京助)
=志はくろがねのように、情は玉の如し
※字に合わせ、手ぬぐいの色も鉄紺としました。

会員限定、当日、全記録
http://rieko.jp/blog/?p=6092

杖道衣新調

10数年ぶりに藍染の道着を新調しました!
一緒に杖道旅を行く相棒です。

前身ごろの合わせの深い、織り目のつまった正藍染の上着と、さらに東京袴と云われる小幅木綿仕様 ”紺木綿をたっぷり使い(通常の2割増)袴のヒダを深くしました。”と記された袴の組合せです。注文生産とのことなので2週間待ちして。しなやかでいい感じ。上下そろったところで、さて、名入れ刺繍です。色とりどりの刺繍見本をながめながら、すごく悩んだけど、やっぱり群青色(濃紺)にしました。つやのある糸で「なかむら」と刺してあります。基本的に、武州の先染めの糸を使った品々です。メーカーをいくつか巡って、触って、見て、しこたま悩んで、予算ともにらめっこ、贅沢な時間です。こうして思い通りの品に巡り合って、この道衣たちとこれからの10年くらい、友として歩みます。自信をもって公式戦や昇段審査に臨みます(あとは、技だけ~w精進をお誓いしますってば)。

【試着~】


【資料】道衣フェチの日記など
2005年~2007年ごろ
http://rieko.jp/mixi/diary/67038815.html
http://rieko.jp/mixi/diary/662077537.html