馬には乗ってみよ人には添うてみよ@京都

現地にいってみること、そして自分の興味だけでなく、他人(ひと)にも付き合ってみることは素敵ですね、という話です・・・あの北島三郎の持ち馬「キタサンブラック」が、武豊のみごとな手綱さばきで「天皇賞・春」を制したのをTV観戦して翌日、京都へ。
わたしの京都行きの目的は、杖道世界の最高段位、八段及び範士審査の先生方の演武を直接この目で拝見することです。これ以外には興味がない、もったいないこの京都で?!
当日、この世界にはまるで関係ない中学から仲良しのとしこちゃんが合流です。彼女にとっての未知の世界、古武道の演武を見た後は、彼女に付き合って今宮神社のあぶり餅や大徳寺大滋院内の精進料理「泉仙」など、わたしにとっての未知な世界に誘ってくれます。
さらに、京都最終日は、稽古仲間の篠さんのお誘いで「三十三間堂へ!」(画像は、五重塔あたりですけど)。平安神宮から京都駅までまっすぐのびるバス路線「206系統」を、3時間あまりぶらぶら散歩です。新幹線で東京へめざす直前、改札付近に行列のできてる「551蓬莱」肉まんを購入。缶チューハイといっしょに満喫しましたよ。ああ、美味しかった。

肝心の平成29年度、杖道八段審査、および範士、結果
★祝!50代の若々しい新八段、新範士の誕生です。絵描きの世界も、古武道の世界も、長い時間を大事に長く歩むことが大事なのかも。またそれが可能な世界に思えます。望めば、伸びしろある道、人生です。
http://www.kendo.or.jp/examination/jodo-hanshi/20170503-kyoto/result/
http://www.kendo.or.jp/examination/jodo-8dan/20170503-kyoto/result/

模写・『君の名は』

@四谷・須賀神社にて。
巷では、『君の名は』というアニメが人気のようです。その重要な場面となった場所を実際に探して回る「聖地巡礼」もブームなんだそうです。
名場面を再現、演じてみます。

模写!

わたし、だれと行き交うんでしょ?!

構図ばっちり!  ご丁寧にも案内ポスターまであります。

東京、桜が咲こうというこの時期に、5℃前後の氷雨です。明日は、入学式だというのに、とても寒~い。
実は、この日は、川浦康至教授が退職される。そこで、ごく少人数で、芳賀啓さんのお声がけ、企画・ご案内いただく、惜別会「芳賀自主講座:古地図で地形散歩」でした。とても贅沢な四ツ谷から新宿までの散歩です。
古地図研究者で、タモリ倶楽部にもご出演の芳賀さんとわたしは、共に、東京経済大学の客員教授です。コミュニケーション学部の学部長だった川浦さんから直接スカウトされたご縁です。川浦さんが架け橋となった出会いや日々には、この日のメンバーそれぞれに、深い感謝の念があったのだと思います。
散歩の最後は、天然温泉かけ流しの銭湯「テルマ―湯」でひとっ風呂浴びて、あのゴールデン街で食事という異世界横断、時空旅でした。

■散歩詳細

集 合:2017年3月31日(金曜日) 15時 JR中央線四ツ谷駅赤坂口改札(新宿寄り出口)

コース:概要四ツ谷駅→外堀跡→新宿通り→たいやきわかば→西念寺→観音坂→鮫ヶ橋谷→須賀神社→東福院坂→愛染院→新宿通り→韓国大使館前→四ツ谷大木戸跡(風月堂で休憩)→玉川上水余水路跡→新宿御苑大木戸門→玉川上水内藤新宿分水散歩道→妓楼伊豆橋跡→太宗寺→蟹川跡→新宿公園→成覚寺(投込寺)→新宿二丁目・耕牧舎跡→新宿三丁目・ATG跡→新宿追分→風月堂跡→四季の路→新宿ゴールデン街

わたしは、だれと往き会ったのか?再会したのか?そして分かれていくのか?

正解:本日の主役にきまってるでしょ! 川浦さん

( photo by Tomoko MATSUNAGA)