ジャグリング(西洋式のお手玉)と杖道

2017/07/05、「杖道とアート」をテーマに、今年もさまざまな身体表現を講義中です。(@東京経済大学)昨日、近所の電気通信大学で、いま非常に話題のAI(人工知能)の研究されてる、ジャグリング歴19年の、西野順二さんをゲスト講師にお招きしました。
いや~感動しました。杖道の共通することがいっぱい!
西野さん曰く、「ジャグリングは、投げ上げた球を取ろうとしない。正しい、奇麗な腕の動き、体の動き、形を小脳に刷り込むことが大事です。とりあえず先にどんどんやって、後から奇麗にというプロセスは、✖、ダメです。すでに悪い癖を自動化している。」

あれ~杖道と同じじゃん。正しい構えできないと、打突も狂うもんね。「百錬自得」とは、つまり正しく小脳で自動化すること?!
正しいことを一つ一つ、詰め込み過ぎないで、癖を改めながら、小脳で自動化していく。当たり前のことのようですが、どうもこれが最善のようです。時間もかかりますが、逆にいうと、人間の良さを最大限に生かすには、引きだすのは、時間をきちんと使おうよ。ということだとも思います。

目からうろこのジャグリング入門になりました。学生たちは、真剣に遊んで好奇心とてんこ盛りの自分への期待と不安が混じった”マジな面構え”が、実にいい!。
わたしは、まだまだ~。

報告ページへ

「ジャグリング入門―投げているのは脳と神経」
ゲスト講師:ファジィ理論とゲーム理論の研究者(工学博士)&ジャグラーの西野順二
@身体表現ワークショップ「杖道(じょうどう)とアート」―作動する賢い身体―
中村理恵子研究室(東京経済大学・コミュニケーション学部)

 

「古武道とアート -上手くなる体験を形にする」@市民大学講座・東経大

I lecture the sixth [Ancient martial arts +High technology – Visualize the experience of being better] via the program of [College lecture for the citizens], Saturday, 19th of November.

第35回市民大学講座(2016年度)
国分寺市教育委員会・東京経済大学 共催

「現代社会を考える 2016」

第6回 11月19日(土)
「古武道とアート 〜上手くなる体験を形にする」
中村理恵子

120分あまりの冒頭、参加予定180名のみなさんにむけて「宴会カンブリアン・ゲーム」をしかけてみようかと思っています。2002年、東大の安田講堂で初公開して、当時138名にご参加いただいて以降、これだけの規模は久々です。
雨との予報なんで出足がちょっと気になるけれど、この共創的ゲームから、いかに古武道&アートに落とし込んでいくか?こうご期待!なんちゃってw。

関連学部blog.「トケコミ」(日本語)
[Ancient martial arts +High technology  -Visualize the experience of being better]The body expression [Jodo and arts] is driven under the concept of [Wanna make art of being better], [Wanna visualize the experience of being better]
We are also welcoming the master of Jodo once a month in this year
Ancient martial arts + High technology->Tokyo Keizai university is now ready to provide tools and materials, even the proper environment!
Let`s try a little bit different training system also!
Masters of Jodo will be equipped wearable cameras and we can see their meticulous movement of Staff or Katana right in front of our eyes.・・・・→more

 

触覚的自我WS、医者の卵たちと

稲垣諭さん担当の「臨床と哲学」@自治医科大へ
今週から3回安斎利洋さん、「触覚自我ワークショップ」実施。その初回にお邪魔する。
各都道府県から集った優れた医者の卵たち120名に、「連画」や、光島貴之さんとの「触覚連画」の話などする。
視覚を閉ざした世界での対話的な創作の日日や、エピソードなど盛りだくさん。
そしていよいよ本題へ。まず靴を脱いでもらったり、蝙蝠の真似をしてみたり、肩慣らしに「口」をテーマに造形してみたり、、、本番の来週に向けての助走。