スペインからの杖道人ゲスト

多摩杖道会に、所属するオランダ生まれのスペイン人、カサレスさんのお仲間、お弟子さんたちがやってきた。

合気道も稽古する人々は、角館の大会を経由して、帰国を明後日にひかえた昨夜、出稽古にいらした。
山口満師範が、しっかり基本をお土産に持って帰ってもらおうと、「本手打」、「逆手打」、「引落打」くらいまでをみっちりご指導される。
ここで時間いっぱいいっぱい。

 

集合写真!

シャッターを押してくださるカサレスさんの奥さん、優子さんが今回通訳、お世話、たいへんだあ。お疲れ様!

また、ぜひ、来てね~!

文学舞踊劇「Macbethマクベス」

◆東京公演◆
8/30(水)19:00開演(18:30開場)
渋谷区文化総合センター大和田6階 伝承ホール

https://www.macbeth-tanz.com/

東経大のゲスト講師、池上直子さんが、マクベス夫人を踊ります。
構成・演出・振付は、森優貴さん。

わたしの講義枠「ワークショップ中村座」で行き交う、顔見知りのゲスト講師たちと一緒に観劇してきました。(向かって左から、わたし、池上さん、音楽家の野口桃江さん、アーチストの安斎利洋さん)

衣装のちょっとしたタッグやプリーツの留めてある位置が、踊りの動きと肝心な場面で連動して、それはそれは、美しいフォルムが決まります。後日、公演中の画像や、動画などの公開を望みます。
足元は、素足でもないし、端正なバレエシューズでもない。あれは、たぶん、綿の黒いソックスだとおもうんですよね。驚くほどのステップや跳躍を、簡素な靴下履いて踊るんだあ。。。妙なところにも着眼、超感心した夜。

 

【主役の池上直子さん 顔小さぁ!w その隣、ゲスト講師仲間で、コラボレータの野口桃江さん、安斎利洋さん、と】

シブイジジィがやってきた

2017年8月25日 軽くて安価な掃除機購入。
CV-CG 取説に、欧文の読みがご丁寧に記されている
シーブイシージー
ぼっさり眺めていると、渋い爺→シブイジジィと読めてしまう。

bty

2015年前後、このところ、棕櫚の、座敷ホウキが気に入って使ってたけどね。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10208493352954544&set=a.2541178091965.2146910.1329085026&type=3&theater

2006年ころ、かつて話題のダイソンを購入して、その大げさなつくりや姿が楽しかったけれど、狭い日本のアパートには、クリーナーのヘッド幅とかでくて、ありがたくなかった。
http://rieko.jp/mixi/diary/180421790.html