さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束

多摩杖道会の切り盛り上手な事務局長、長尾満昭さんが、年明け早々1月8日に急逝された。
木曜日のこの日、わたしは、東経大の年明け最初のワークショップ中だった。メンバーの奥澤さんからの着信履歴に「?・・・」と思いながら、連絡してみると長尾さんが、亡くなったって。
年末年始、市内の基幹病院に入院していて年明け早々、仲間と見舞ったときには、熱があって苦しそうだったけれど自力でトイレに行き、「退院したら美味しいお肉たべたいねー。ご馳走するよ!暖かくなったら3か月くらいかけてお遍路いくから、会の事頼むね。その先にはさ・・・・」なんて次々に旅の予定を話していた。まさか!の展開だった。
この知らせを受けて、夕方稽古場に向かってみんなに伝えて、そのへんの記憶が非常に曖昧で、いまでも本当に長尾さんが亡くなったという実感はない。あまりに唐突で涙がでない。

生前 から献体を希望されていたので亡くなってすぐにおおきな大学病院に運ばれた。葬儀は、だいぶ先になりそうだ。半年とか1年とか。ご遺族からのご連絡を待つのみ。

2012年、わたしは、多摩杖 道会の会長になった。これもあまりに唐突だった。初代会長の後を継ぐのは、この会の創設から支えきた長尾さんほか、年長の先輩方の中に何人も適任者はいた んだ。長尾さん曰く 「思い切ってひと世代若い連中に任せてみようと思った。俺たちいつまでも生きてるわけじゃないんだからさ。」
去年の流祖祭には、あ の霊山「宝満山」に一緒に昇ったんだよ。(画像は、流祖祭初参加のメンバー3人とともに。)
多摩_si 長尾さんとみんな

長尾さんが亡くなって以来、なぜか鼻歌が、映 画「セーラー服と機関銃」のテーマになっちゃうの。さよならは、再び会うまでの遠い約束。…
多摩杖道会の歩み http://tamajodo.com/ayumi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です