あの世へ、Happy Birthday to なほみ

一年前の今頃、病室でパーティでもしましょうなんて話もあったのに、その直前に逝ってしまった。先日、5 月29 日には、故三宅なほみ先生の一周忌「三宅なほみメモリアルシンポジウム」が盛大にあったばかり。
6月8日生まれ、三宅なほみさんの、今日は、お誕生日パーティ。ご亭主の芳雄さん宅に押しかけました。
ぶらぶら散歩したりケーキをカットしたり、わたしたちは、そりゃモリモリ食べますわ。ご霊前にも一片を供えると、口をすぼめてきゃっきゃっと笑いながら頬張る、なほみさんもそこにいらっしゃるというひと時です。未だ生きてるわたしたちと、なほみさんとの間にあるはずの垣根がうんと低い。

 

形見分け
なほみさんの遺品の中から、よく使ってらしたという腕時計をひとついただいて帰りました。
革ベルトには、調整用に9つの穴が開いてます。
なほみさんは、5~6穴目。わたしは、9穴目、ぎりぎり。大事に使うね。>なほみさん
CIMG4908 008

追記:ジャケットも一枚いただきました。メンズ3名に、お見立ていただいて。
未来の教室 人の賢さを育てる ~三宅なほみ~(2002年)
http://sciencechannel.jst.go.jp/I026904/detail/I026904008.html

追記の追記(2016/12/25): swatchのironyというシリーズをふたつお持ちで、ずうずうしいと思ったけれど、ふたついただいた。

%e3%81%aa%e3%81%bb%e3%81%bf%e3%81%95%e3%82%93%e6%99%82%e8%a8%88%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4
メタルベルトの方は、なほみさんの華奢なサイズきっちりに仕上がってる。違うものに交換したのじゃ寂しいし、0.54のステンレスワイヤーを加工してもらってます。私の腕だとこのくらい拡げないとはまらない。太てぇのw。クリスマスの夜仕事は、合間にいろいろ脱線しながら、気晴らしながら進みます。どうぞよろしく(あ、この〆の言葉も、なほみさん譲り)。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です