鹿島神宮奉納演武

2011年2月20日、武神武甕槌神(たけみかづちのかみ)を祀る鹿島神宮御本殿前にて神道夢想流杖道五本を演武する、日本杖道会主催「平成23年春季武道合宿研修会」にて
打:太田修司×仕:中村理恵子(共に多摩杖道会
人生が二度ないようにこんな演武の機会も二度とない、身にあまる・・・という言葉をはじめて実感したように思う。
宮司さん、大師匠、先生方、稽古仲間たちの視線の先で、突然のご指名で演武する。
心まっさら、ついでに頭の中も真っ白状態で「はじめ!」の号令がかかる、太刀落(たちおとし)、霞(かすみ)、正眼(せいがん)、雷打(らいうち)、乱留(みだれどめ)。
photo by Mika MIYABARA

enbukaishi

midaredome

ei!
hairei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です