第44回全日本杖道大会、五段の部激戦!ベスト4

【自滅・やるせない~】「第44回全日本杖道大会」568人が集結!、年内の大イベント最後かな?五段の部、トーナメント5回戦目の準決勝戦で負けてベスト4でした。ベスト8以上のトーナメント表は、布製が会場に掲げられます。これに初めて載っかるようになると、どこか誇らしいものですが、、、(上から3段目あたり、東京:中村、太田)。😢自滅でした。太刀落(たちおとし)という技で、棒を握った手が外れた!ここ一番というときに、もし実戦なら、相手の太刀に斬られて死んでます。
悔しい、残念というより、とても恥ずかしい気持ちです。ペアで出場してるので、相手のチャンスまで潰したことになるので、一層気持ちは複雑です。師匠からは、ひと言、稽古足りないね。はい!精進します。稽古も、生き方も。はい。😡追記:歳だけは重ねていても、決勝の板踏む経験は、まだまだ~。でも、夢のようです。五段は、大変だったわ、64組、128人の競い合い!
多摩杖道会速報ページ! http://tamajodo.com/news/20171008/

動画記録

五段演武 太田修司×中村理恵子 撮影:海原要(日本杖道会)

1回戦目

2回戦目

3回戦目

4回戦目

準決勝

今回、多摩杖道会、同門の仲間たちの入賞多数!

観戦レポート

(——-!準備中)「表現と批評・マジを起動するワークショップデザイン」履修メンバー@東京経済大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です