2019/3/11 送別会@東経大へ、勇んで駆けつける

東京経済大学・コミュニケーション学部の、人気教授がお二人退職される。学外的にも名前の知れたお二人、西垣 通さん(情報学、新刊「AI原論 神の支配と人間の自由」ほか、著書多数)、そして「崖博士」とも云われる芳賀 啓さん(国分寺崖線など地図学、出版社主)。

こうした会を抜群のセンスで仕切る松永智子准教授(コミュニケーション史)に声かけてもらって出かけてきました。
か記念のものをと思って、菓子?酒?いや~やっぱり絵画作品でしょ。
東経大のスタジオで、履修メンバーと共に創作した「シェクスピアズダイアログ」シリーズの中から「恋人時間」を、西垣先生へ。「ぐるぐる」を芳賀先生へ。
勇んでお持ちする。

photo by Kenta KOYAMA

【3.11を想う、そして”川浦チルドレン”のわたしたち】8年前の今日、東日本大震災、国分寺の東経大も揺れに揺れたという話に、ちょうど教授会だったとのことで椅子や机が「こーんな揺れた…」そうです。この年は、卒業式も入学式もなかったという話を学部長の川浦康至先生がしてましたっけ。そして、西垣さん、芳賀さん、松永さん、わたし、すべてこの川浦さんつながりで同僚になりました。幸せだな~。こんな出会いのチャンスをきただき本当にありがとうございました!
「川浦チルドレン」と云われてますわたしたち、御つきあいは、末永くまだまだ続く~。どうぞよろしく。
※川浦さん+芳賀さん申請で、学内に井戸を掘るプロジェクトも進行中です。

 

杖道衣新調

10数年ぶりに藍染の道着を新調しました!
一緒に杖道旅を行く相棒です。

前身ごろの合わせの深い、織り目のつまった正藍染の上着と、さらに東京袴と云われる小幅木綿仕様 ”紺木綿をたっぷり使い(通常の2割増)袴のヒダを深くしました。”と記された袴の組合せです。注文生産とのことなので2週間待ちして。しなやかでいい感じ。上下そろったところで、さて、名入れ刺繍です。色とりどりの刺繍見本をながめながら、すごく悩んだけど、やっぱり群青色(濃紺)にしました。つやのある糸で「なかむら」と刺してあります。基本的に、武州の先染めの糸を使った品々です。メーカーをいくつか巡って、触って、見て、しこたま悩んで、予算ともにらめっこ、贅沢な時間です。こうして思い通りの品に巡り合って、この道衣たちとこれからの10年くらい、友として歩みます。自信をもって公式戦や昇段審査に臨みます(あとは、技だけ~w精進をお誓いしますってば)。

【試着~】


【資料】道衣フェチの日記など
2005年~2007年ごろ
http://rieko.jp/mixi/diary/67038815.html
http://rieko.jp/mixi/diary/662077537.html

表象・メディア論系 教員懇親会

毎年恒例、この時期に御呼ばれして出かけてきました。2019年度がはじまるなあ~って感じ。早稲田の表象メディアの教員は、常勤、非常勤を問わずとても多才な連中が集う。そんな人々の話の環に突入。

bty

なんだなんだ?The Lord of the Ringsかい?先生方、なに熱心にみせあってるのさ。宮沢章夫(劇作家、NHKラジオ「すっぴん」パーソナリティ)、岡室美奈子(早稲田大学演劇博物館 館長、ベケット研究、テレビドラマ研究)、坂内 太(アイルランド演劇研究・身体表現)さんたち、睡眠構造、他を解析するんだそうで、スマホ上のデータみせあってめっちゃはしゃいでますね。センサーを仕込んだリング+iphone連動してたこれら。太めのリングの輝きの存在感は大きい。

“Oura Ring”睡眠サポートデバイスなんて、紹介されてますね~。

sdr

自慢げな宮沢さんの指輪を撮影しつつ、ついミーハーでラジオ大好きなわたしは、「生声きかせてください。」なんてにじり寄るw。

ともあれ、わたしが担当する2019年度講義は、てんこ盛り、欲張って行きますよ~
「私をメディアする、私のかたち・時間を造形する―アートのつくり方」@表象・メディア論系演習(消費社会とメディア1)
どうぞよろしく~。
2013年から担当する講義連動ページ→準備中…http://rieko.jp/lab/?page_id=4752