文学舞踊劇「Macbethマクベス」

◆東京公演◆
8/30(水)19:00開演(18:30開場)
渋谷区文化総合センター大和田6階 伝承ホール

https://www.macbeth-tanz.com/

東経大のゲスト講師、池上直子さんが、マクベス夫人を踊ります。
構成・演出・振付は、森優貴さん。

わたしの講義枠「ワークショップ中村座」で行き交う、顔見知りのゲスト講師たちと一緒に観劇してきました。(向かって左から、わたし、池上さん、音楽家の野口桃江さん、アーチストの安斎利洋さん)

衣装のちょっとしたタッグやプリーツの留めてある位置が、踊りの動きと肝心な場面で連動して、それはそれは、美しいフォルムが決まります。後日、公演中の画像や、動画などの公開を望みます。
足元は、素足でもないし、端正なバレエシューズでもない。あれは、たぶん、綿の黒いソックスだとおもうんですよね。驚くほどのステップや跳躍を、簡素な靴下履いて踊るんだあ。。。妙なところにも着眼、超感心した夜。

 

【主役の池上直子さん 顔小さぁ!w その隣、ゲスト講師仲間で、コラボレータの野口桃江さん、安斎利洋さん、と】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です